• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

柳亭こみちさん<2>丸洗いできるスーツにズックで書店回り

 アルクは「直行」「直帰」がない会社だった。毎日8時半に始まるミーティングの前に出社し、日中は書店を回り、会社に戻るのは7時ぐらい。そこから内勤をこなすので、退社は夜の10~11時になった。

「夕方の5~6時ぐらいにリポビタンDを飲んでから、もうひと踏ん張りという毎日でしたね。最初は東村山市の実家から永福町の会社まで通っていたんですが、体がきつくて……。1年目の終わりごろには高井戸のアパートで一人暮らしを始めました。会社まで自転車で12~13分。帰宅して寝るころには、1キロカロリーも残っていないという感じで、倒れ込むように寝ていました」

 担当は京王線と中央線、それに新宿。新宿といえば、紀伊国屋書店の本店だ。毎週月曜日は、この日本を代表する大店に入り浸っていた。

「本は土日に売れるので、月曜日に売り場を回るのです。足りないものがないかをチェックしながら、どんな本が売れているのか、表紙のデザインは? タイトルは? と、すべての階で確認するんですね。紀伊国屋は南口店もあったので、一日で回りきれないときは火曜日も行きました。書店営業は基本中の基本。そこで拾い集めた情報は、次に出版する書籍に反映されます。実際にタイトルや表紙で書店営業部がOKを出さない本は出版できなかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る