柳亭こみちさん<2>丸洗いできるスーツにズックで書店回り

公開日:

 アルクは「直行」「直帰」がない会社だった。毎日8時半に始まるミーティングの前に出社し、日中は書店を回り、会社に戻るのは7時ぐらい。そこから内勤をこなすので、退社は夜の10~11時になった。

「夕方の5~6時ぐらいにリポビタンDを飲んでから、もうひと踏ん張りという毎日でしたね。最初は東村山市の実家から永福町の会社まで通っていたんですが、体がきつくて……。1年目の終わりごろには高井戸のアパートで一人暮らしを始めました。会社まで自転車で12~13分。帰宅して寝るころには、1キロカロリーも残っていないという感じで、倒れ込むように寝ていました」

 担当は京王線と中央線、それに新宿。新宿といえば、紀伊国屋書店の本店だ。毎週月曜日は、この日本を代表する大店に入り浸っていた。

「本は土日に売れるので、月曜日に売り場を回るのです。足りないものがないかをチェックしながら、どんな本が売れているのか、表紙のデザインは? タイトルは? と、すべての階で確認するんですね。紀伊国屋は南口店もあったので、一日で回りきれないときは火曜日も行きました。書店営業は基本中の基本。そこで拾い集めた情報は、次に出版する書籍に反映されます。実際にタイトルや表紙で書店営業部がOKを出さない本は出版できなかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る