LINEで急拡散 「座敷わらし」は旅館の常連客の子供だった

公開日: 更新日:

「岩手県で撮影された、本物の座敷わらし」「イイネ&シェアしないと呪いにかかります」(原文ママ)と文言が添えられた画像が、LINEで急拡散している。

 ただし、この画像はまったくのニセモノ。元画像は、岩手県二戸市の観光協会が、同市の金田一温泉のPRのために、旅館「緑風荘」で撮影したポスターだ。その写真を無断で使用しているというわけ。

 元のポスターでは、和服姿でたたずむ子供の周りに「会えたらいいね。にのへ」のキャッチコピーがデザインされていたが、上半身の部分だけを横長に切り取り、ポスターであることが分からないように加工してある。

 この手のLINEは、かつての“チェーンメール”と同じ類のもので、SNS上の知り合いを通じて爆発的に拡散。「いいね」の数は、14日時点で30万件に到達した。「緑風荘」の館主が困惑しながらこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る