海外では車の盗難が8割減 日本発「顔認識システム」の実力

公開日: 更新日:

 密室の新幹線で再び惨劇が起こったことで、空港並みのセキュリティー強化を求める声が上がっている。その一方で、空港や駅はもちろん、街中には監視カメラの設置が相次ぐ。事件解決に一役買っているケースも少なくない。カメラの精度はどこまで上がっているのか――。

 このほど開幕したサッカーワールドカップロシア大会を巡って、英内務省は過去に問題行動を起こした国内のフーリガン1200人以上のロシア渡航を禁止した。世界的なビッグイベントは、テロの標的にもなりかねない。セキュリティーは重要だ。

 日本では、2年後に東京五輪が迫る。そこで、カギを握るのが、NECが開発した顔認証システム「Neo Face(ネオフェース)」だ。群衆から特定人物を見分ける技術は世界トップクラスである。

 東京五輪で採用されるのは、選手や大会関係者が通るゲートで、事前に登録した顔写真と入場者を自動的に照合してチェックする。一般ゲートは従来通りチケットや手荷物チェックを行うという。実はこのシステム、世界的にスゴイ成果を上げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

    日テレ「笑点」林家三平にメスは入るか 加入から5年目でもキャラを確立できず

  4. 4
    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

    巨人また赤っ恥! 陽岱鋼「5年15億円」の破格契約が切れた途端にトンズラ退団

  5. 5
    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

    “陽岱鋼ショック”に揺れる原巨人 日本ハム自由契約の大田泰示「出戻り実現」の可能性はビミョー

もっと見る

  1. 6
    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

    だれ?だれ?NHK紅白出場者の名前を聞いてもわからない…

  2. 7
    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

    TBS日曜劇場「日本沈没」はフシギなドラマ 陳腐な内容なのに視聴率は好調

  3. 8
    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

    “唯一無二”の段田安則はドラマに引っ張りだこ! 岸田総理そっくりでも支持率は高い

  4. 9
    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

    グラドル森咲智美さん「旅行にもいけないので逆張りで航空会社と鉄道会社の株式を購入しました!」

  5. 10
    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚

    ひろゆきも指摘!10万円給付うち5万円分クーポンで…「事務費1200億円」に膨張の愚