海外では車の盗難が8割減 日本発「顔認識システム」の実力

公開日:

 密室の新幹線で再び惨劇が起こったことで、空港並みのセキュリティー強化を求める声が上がっている。その一方で、空港や駅はもちろん、街中には監視カメラの設置が相次ぐ。事件解決に一役買っているケースも少なくない。カメラの精度はどこまで上がっているのか――。

 このほど開幕したサッカーワールドカップロシア大会を巡って、英内務省は過去に問題行動を起こした国内のフーリガン1200人以上のロシア渡航を禁止した。世界的なビッグイベントは、テロの標的にもなりかねない。セキュリティーは重要だ。

 日本では、2年後に東京五輪が迫る。そこで、カギを握るのが、NECが開発した顔認証システム「Neo Face(ネオフェース)」だ。群衆から特定人物を見分ける技術は世界トップクラスである。

 東京五輪で採用されるのは、選手や大会関係者が通るゲートで、事前に登録した顔写真と入場者を自動的に照合してチェックする。一般ゲートは従来通りチケットや手荷物チェックを行うという。実はこのシステム、世界的にスゴイ成果を上げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る