朝ドラ「半分、青い」でも注目…いま“カエル人気”のなぜ?

公開日:  更新日:

新宿・京王プラザホテルでは「カエルアートミュージアム」

 ケロッケロッと鳴くあの「カエル」が今、静かな注目を集めている。視聴率20%超えの快進撃を続けるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でもカエルがモチーフとして使われている。

 ヒロインの鈴愛(永野芽郁)は亡くなった祖母・廉子(風吹ジュン)がカエルになって見守ってくれていると信じ、初デートで着た“勝負服”もカエル柄のワンピース。視聴者の間では「カエルのワンピース」に関するツイートが飛び交い、急上昇ワード入りするほど話題にもなった。

 実は、カエルの愛好家は多い。長野県松本市「カエル大明神」の祭りや、茨城県つくば市「筑波山がまレース」など、カエルにまつわるイベントが例年各地で開催され、近年大いににぎわっている。なぜカエル人気が高まっているのか。

 福島県喜多方市で多数のカエルグッズを展示している「100年カエル館」の副館長・高山ビッキさんはこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る