奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「本当は危ない国産食品 」(新潮新書)がある。

ほぼ5日に1回…キュウリは異常なほど何度も農薬を浴びる

公開日: 更新日:

 昨年、フランスからやってきたドキュメンタリー映画の監督を東日本大震災の被災地に案内したのだが、食事の段になって「放射能は大丈夫?」と聞かれたのは当然として、そのあとが「農薬は大丈夫?」だった。

 たしかに中国では大量の農薬が使われ、世界中で禁止されているDDTやBHCといった農薬もいまだに使われているのだから不安になるのは当然として、まさか日本の農作物も、フランス人の目には中国食品同様、農薬まみれに見えるのかと思って驚いた。

 嘘か本当か、実際、調べてみると驚くような数字が出てくるのである。たとえば、日本には慣行栽培といって、各都道府県によって、1年間に農薬をまく回数の上限が決められている。

 たとえばある県で決められた慣行栽培のうち、比較的農薬をまく回数が多い作物をあげると次のようになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る