元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

公開日:

 2人に1人の大学生が奨学金に頼っているという。その裏で急増しているのが、奨学金を返済できずに自己破産する人たちで、いわば「奨学金破産」という状況だ。日本学生支援機構によると、自己破産によって奨学金の債務が免責になった、あるいは保証債務が免責となった人の数は2016年度までの5年間で、延べ1万5338人に上るという。どんなことが影響しているのか。

 38歳のフリーター・大島徹さん(仮名)は、奨学金を返済できず、年内に自己破産する予定だという。大島さんに話を聞いた。

「1999年に立教大学に入学してまもなく、奨学金を申し込みました。貸与されたのは毎月10万円。実は僕は父子家庭で、そのお金は父親に渡していました。父親はその奨学金を借金返済や遊興費に使っていたのです。学費ですか? 祖母や親戚に頭を下げて、なんとか工面していました。別れた母親にも頭を下げて、何とか4年まで進学。就活もしたんですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る