元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

公開日:

 2人に1人の大学生が奨学金に頼っているという。その裏で急増しているのが、奨学金を返済できずに自己破産する人たちで、いわば「奨学金破産」という状況だ。日本学生支援機構によると、自己破産によって奨学金の債務が免責になった、あるいは保証債務が免責となった人の数は2016年度までの5年間で、延べ1万5338人に上るという。どんなことが影響しているのか。

 38歳のフリーター・大島徹さん(仮名)は、奨学金を返済できず、年内に自己破産する予定だという。大島さんに話を聞いた。

「1999年に立教大学に入学してまもなく、奨学金を申し込みました。貸与されたのは毎月10万円。実は僕は父子家庭で、そのお金は父親に渡していました。父親はその奨学金を借金返済や遊興費に使っていたのです。学費ですか? 祖母や親戚に頭を下げて、なんとか工面していました。別れた母親にも頭を下げて、何とか4年まで進学。就活もしたんですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る