「光麺」破産で鮮明に ラーメン業界チェーンは受難の時代

公開日: 更新日:

 醤油豚骨ラーメンの草分けの「光麺」を運営する株式会社KMが東京地裁から破産開始決定を受けた。同社は1991年設立。95年、池袋駅前に第1号店を出して人気を博し、店舗数を増やしたが経営不振に。負債総額は9億8757万円に上るという。KM社は池袋西口店など3店舗を閉鎖し、他の6店舗はマリフィックという会社が引き継いで運営している。

 ラーメン業界に詳しい料理評論家の小野員裕氏が言う。

「95年はラーメンブームの黎明期で、光麺は当時まだ珍しかった醤油豚骨味で若いお客を集めたのです。ところが間もなく、ブームが本格化し、次々とライバル店が出現しました。光麺は担々麺など新メニューを繰り出したものの、これによってラーメン専門店のイメージが薄れ、中華料理店の延長みたいな位置づけになってしまった。その結果、味にこだわる『花月嵐』や安さが売りの『日高屋』に駆逐されてしまったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  9. 9

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る