元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

公開日:

 そこへ襲い掛かったのが、就職氷河期だった。大島さんの就活時の大卒求人倍率は1.09、前年度は0.99。多くの学生が思うように就職が決まらず苦しんだ。

「そこそこの大学に行けば、就職は安心だと思っていました。親世代の人たちはみんなそう言っていた。よく考えればバブルも崩壊していたわけだし、そんなに甘くないわけですが、高校生の頃には想像できなくて」

 内定を出してくれた企業もあった。しかし、希望の業種ではなく、気持ちが塞いだ。迷いに迷って1年留年した。

「父親の奨学金使い込みは続き、僕は学費を工面できなくなり、精神的にも参ってしまい、大学を除籍となったのです」

 かくしてフリーターになった。バイトをつないで生計を立てたが、奨学金の返済にまで手が回らない。一度就職した会社とは、給与の未払いで裁判沙汰に。奨学金の返済猶予の申請も何度かしたが、常に借金のことが気持ちに重くのしかかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る