スンダリ・ミカさん<2>過去問を担当し解答を議論していた

公開日:  更新日:

 学生時代のアルバイトから、そのまま就職した出版社「東京学参」では、主に中学受験の過去問題集の国語を担当していた。

「忙しかったのは入試の時期。受験が終わるとすぐに、各校の問題を解いてみるんです。長文読解や四字熟語、漢字、慣用句などの問題が出されますが、学校によってレベルはさまざま。難関校の問題は頭を悩ませることも多かったです。受験後には学校から解答が発表されるのですが、東京のいわゆるご三家、開成・麻布・武蔵は記述式が多いので解答も配られないんですね。だから、『この学校に受かるなら、このくらいのことを答えられなければだめだ』というのを、編集部内で議論することも多々ありました。学校が正解としている解答であっても、社内では意見が分かれるケースもあり、よく議論の対象になりました。こちらからすれば、『答えはひとつではないよね』という問題があっても、正解は学校が出すものが絶対です。ですから、なぜそれ以外ではダメなのかというのも、みんなで考えました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る