スンダリ・ミカさん<2>過去問を担当し解答を議論していた

公開日:  更新日:

 学生時代のアルバイトから、そのまま就職した出版社「東京学参」では、主に中学受験の過去問題集の国語を担当していた。

「忙しかったのは入試の時期。受験が終わるとすぐに、各校の問題を解いてみるんです。長文読解や四字熟語、漢字、慣用句などの問題が出されますが、学校によってレベルはさまざま。難関校の問題は頭を悩ませることも多かったです。受験後には学校から解答が発表されるのですが、東京のいわゆるご三家、開成・麻布・武蔵は記述式が多いので解答も配られないんですね。だから、『この学校に受かるなら、このくらいのことを答えられなければだめだ』というのを、編集部内で議論することも多々ありました。学校が正解としている解答であっても、社内では意見が分かれるケースもあり、よく議論の対象になりました。こちらからすれば、『答えはひとつではないよね』という問題があっても、正解は学校が出すものが絶対です。ですから、なぜそれ以外ではダメなのかというのも、みんなで考えました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る