日本では110年超の歴史 “馬蹄形コインケース”が消えたワケ

公開日: 更新日:

 馬のひづめ形のフォルムが特徴的な“馬蹄形コインケース”(写真=HIROAN提供)が市場から姿を消しているのをご存じだろうか。高級品というイメージが強く、かつては父親への贈り物の定番だったが、最近は百貨店の売り場などを探しても見当たらない。

 販売員に聞くと、「以前はメーカー数も多く、価格帯もさまざまでしたが、ここ数年でめっきり減ってしまいました」「製造を中止したメーカーも増えているようです」といった声が返ってきた。

 紳士小物売り場では、5、6年前は複数のブランドから馬蹄形コインケースが出ていたが、今年は取り扱いが1、2ブランドに激減したという。背景にはいったい何があるのだろう?

 馬蹄形コインケースの発祥はヨーロッパで、日本で製造されるようになったのは明治の後半。日本での草分けといわれる紳士皮革小物専門メーカー「長谷川」の3代目で、革包司「博庵」主宰の長谷川博司氏はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る