日本では110年超の歴史 “馬蹄形コインケース”が消えたワケ

公開日: 更新日:

 馬のひづめ形のフォルムが特徴的な“馬蹄形コインケース”(写真=HIROAN提供)が市場から姿を消しているのをご存じだろうか。高級品というイメージが強く、かつては父親への贈り物の定番だったが、最近は百貨店の売り場などを探しても見当たらない。

 販売員に聞くと、「以前はメーカー数も多く、価格帯もさまざまでしたが、ここ数年でめっきり減ってしまいました」「製造を中止したメーカーも増えているようです」といった声が返ってきた。

 紳士小物売り場では、5、6年前は複数のブランドから馬蹄形コインケースが出ていたが、今年は取り扱いが1、2ブランドに激減したという。背景にはいったい何があるのだろう?

 馬蹄形コインケースの発祥はヨーロッパで、日本で製造されるようになったのは明治の後半。日本での草分けといわれる紳士皮革小物専門メーカー「長谷川」の3代目で、革包司「博庵」主宰の長谷川博司氏はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る