残間里江子さん<2>エントリーシートに「会長の知人」と…

公開日: 更新日:

 明治大学短期大学に在学中、周囲は命懸けで学生運動にのめり込んでいたが、残間さんは冷静だった。

「両親は我欲を捨て、正義のために運動をしていました。でも、娘が給食費納入日に担任の先生の口元がいつ給食費の『キ』と言うか、その一瞬を私がどんな思いで見つめていたかは、分かっていなかったように思います。犯罪の裏側には貧困や社会の不条理がある。だから、貧困層をなくすには資本家の搾取を許してはならないというのが親たちの主張。これは果たして本当だろうかと、懐疑的に見ていました」

 学生運動とは距離を置き、勉強やアルバイトに時間を使った。

「東京にいる間に標準語だけは覚えたかったのです」

 仙台生まれで東北弁が抜けず、しゃべり方にはコンプレックスを持っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る