残間里江子さん<2>エントリーシートに「会長の知人」と…

公開日:

 明治大学短期大学に在学中、周囲は命懸けで学生運動にのめり込んでいたが、残間さんは冷静だった。

「両親は我欲を捨て、正義のために運動をしていました。でも、娘が給食費納入日に担任の先生の口元がいつ給食費の『キ』と言うか、その一瞬を私がどんな思いで見つめていたかは、分かっていなかったように思います。犯罪の裏側には貧困や社会の不条理がある。だから、貧困層をなくすには資本家の搾取を許してはならないというのが親たちの主張。これは果たして本当だろうかと、懐疑的に見ていました」

 学生運動とは距離を置き、勉強やアルバイトに時間を使った。

「東京にいる間に標準語だけは覚えたかったのです」

 仙台生まれで東北弁が抜けず、しゃべり方にはコンプレックスを持っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る