残間里江子さん<2>エントリーシートに「会長の知人」と…

公開日:

 明治大学短期大学に在学中、周囲は命懸けで学生運動にのめり込んでいたが、残間さんは冷静だった。

「両親は我欲を捨て、正義のために運動をしていました。でも、娘が給食費納入日に担任の先生の口元がいつ給食費の『キ』と言うか、その一瞬を私がどんな思いで見つめていたかは、分かっていなかったように思います。犯罪の裏側には貧困や社会の不条理がある。だから、貧困層をなくすには資本家の搾取を許してはならないというのが親たちの主張。これは果たして本当だろうかと、懐疑的に見ていました」

 学生運動とは距離を置き、勉強やアルバイトに時間を使った。

「東京にいる間に標準語だけは覚えたかったのです」

 仙台生まれで東北弁が抜けず、しゃべり方にはコンプレックスを持っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る