加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

開国の重要性説いた橋本左内 将軍継嗣運動で奔走し斬首

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「西郷どん」で、西郷隆盛とともに行動して斬首刑に処された人物がいました。越前福井藩士の橋本左内です。ジャニーズ事務所の風間俊介さんが演じていました。

 左内は天保5(1834)年3月、福井の常磐町(現・福井県福井市春山)に藩医の長男として生まれました。眉目秀麗ながら撫で肩で、身長は5尺(150センチ)そこそこの、小柄だったと伝えられています。

 左内は蘭学を広く修め、食事中も書物を離さないほどの学問好きでした。彼が15歳のとき、自分への戒めとして書いた「啓発録」はいまも読み継がれています。

 若き左内は緒方洪庵の適塾(適々斎塾)に学び、オランダ語、ドイツ語、英語を理解でき、視野を世界に向けていきました。

 左内は藩主・松平慶永(春嶽)に外国の科学技術の優位性を説明して、開国の重要性を説きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る