• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

開国の重要性説いた橋本左内 将軍継嗣運動で奔走し斬首

 NHK大河ドラマ「西郷どん」で、西郷隆盛とともに行動して斬首刑に処された人物がいました。越前福井藩士の橋本左内です。ジャニーズ事務所の風間俊介さんが演じていました。

 左内は天保5(1834)年3月、福井の常磐町(現・福井県福井市春山)に藩医の長男として生まれました。眉目秀麗ながら撫で肩で、身長は5尺(150センチ)そこそこの、小柄だったと伝えられています。

 左内は蘭学を広く修め、食事中も書物を離さないほどの学問好きでした。彼が15歳のとき、自分への戒めとして書いた「啓発録」はいまも読み継がれています。

 若き左内は緒方洪庵の適塾(適々斎塾)に学び、オランダ語、ドイツ語、英語を理解でき、視野を世界に向けていきました。

 左内は藩主・松平慶永(春嶽)に外国の科学技術の優位性を説明して、開国の重要性を説きました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る