加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

龍馬でも西郷でもない 小松帯刀は薩長同盟“真の功労者”

公開日: 更新日:

 幕末、薩長同盟を締結させた功労者は誰? と聞かれたら、多くの読者は「坂本龍馬だよ」と答えるでしょう。龍馬の功績があったのは事実です。

 しかし近年では、彼より重要な人物がいたことが明らかになっています。薩摩藩の城代(筆頭)家老・小松帯刀です。この人物がいなければ、薩長同盟は成立していません。

 帯刀は天保6(1835)年、薩摩藩喜入領主・肝付主殿伴兼善の三男として生まれました。幼名は、肝付尚五郎。幕末に活躍した薩摩藩士は、多くが下級武士でしたが、帯刀は藩でも屈指の名門の出身。10歳で10代藩主・斉興に拝謁を許されたことでもその身分の高さが分かります。

 彼は21歳で奥小姓となり、江戸で名君の斉彬(11代藩主)に仕え、安政3(1856)年、吉利(現・鹿児島県日置市)の領主・小松家に養子入りし、小松帯刀となりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る