加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

龍馬でも西郷でもない 小松帯刀は薩長同盟“真の功労者”

公開日:

 幕末、薩長同盟を締結させた功労者は誰? と聞かれたら、多くの読者は「坂本龍馬だよ」と答えるでしょう。龍馬の功績があったのは事実です。

 しかし近年では、彼より重要な人物がいたことが明らかになっています。薩摩藩の城代(筆頭)家老・小松帯刀です。この人物がいなければ、薩長同盟は成立していません。

 帯刀は天保6(1835)年、薩摩藩喜入領主・肝付主殿伴兼善の三男として生まれました。幼名は、肝付尚五郎。幕末に活躍した薩摩藩士は、多くが下級武士でしたが、帯刀は藩でも屈指の名門の出身。10歳で10代藩主・斉興に拝謁を許されたことでもその身分の高さが分かります。

 彼は21歳で奥小姓となり、江戸で名君の斉彬(11代藩主)に仕え、安政3(1856)年、吉利(現・鹿児島県日置市)の領主・小松家に養子入りし、小松帯刀となりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る