加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

秀吉の天下取りに尽力 竹中半兵衛“兵法の極意”

公開日:

 豊臣秀吉に天下を取らせた“名軍師”といえば、中国大返しなどで活躍した黒田官兵衛が有名ですが、もう一人忘れてはならない人物がいます。軍師・竹中半兵衛です。

 秀吉は若いころ、木下藤吉郎と名乗って、織田信長の下にわずかな兵を従えて、中途半端な指揮をとっていました。その彼を戦国屈指の名将に教育したのが半兵衛でした。

 半兵衛は諱を重治といい、美濃(現・岐阜県南部)の国人・土豪層の出身でした。竹中家は近江(現・滋賀県)の名山・伊吹山を背景にした、標高425メートルの菩提山(岩手山)の上に、城を持っていました。半兵衛の父は遠江守重元という人物でした。

 その嗣子の半兵衛が、初めてピンチに陥ったのが弘治2(1556)年の西保城主・不破河内守光治の襲撃でした(永禄2〈1559〉年とも)。このとき、半兵衛は10代半ば。父の留守を狙われ、家人がからくも城を守りましたが、この初陣によって半兵衛は軍略・兵法に目覚め、勉学に励むようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る