連日の猛暑でミント商品バカ売れ ハッカも伸びているの?

公開日:

 子供の頃、サクマドロップス缶のハッカ味が苦手だった人は多いはず。しかし、最近はコンビニを見渡すと、ハッカと同じミント味のお菓子やアイスが我が物顔で幅を利かせている。

 4月に不二家が「カントリーマアム・超チョコミント」を発売。続く5月には赤城乳業が「ガリガリ君」、グリコも「ジャイアントコーン」のチョコミント味で続く。今月に入ってからは、何と半世紀以上の歴史を持つ「雪印コーヒー」までチョコミント味を出してしまった。猫も杓子もミント、ミントだ。

 購入者がミントに清涼感を求めているのは当然だろう。大阪や京都では連日40度に迫る気温が続いており、気象庁によると、東京も7月の最高気温の平均値は32.8度(22日現在)で、これは過去最高の2004年の33.1度に迫る勢い。東京の7月の平均気温は28.0度(同)で、1900年の22.8度、1950年の26.5度と比べ、確実に暑くなっている。また、ミントが混じっていると、同じアイスでも「いくらでもお腹に入る」という女性も多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る