猛暑で増える「日傘男子」 デビューするならいくらで?

公開日: 更新日:

 連日の酷暑でこの夏売れているのが日傘だ。最近は「日傘男子」も増えている。中高年サラリーマンも、命を守るために使うべきだろう。

 日本洋傘振興協議会によると、紫外線は日傘で70%以上、晴雨兼用で90%以上、光は99%をカットするという独自の基準を設けている。

 もちろん外の暑さは、直射日光のせいだけではない。周囲の空気は全体的に上がっているし、コンクリートの照り返しもある。それでも日の光を遮ることで体感温度を下げることは可能だ。

 国内の歴代最高気温を記録した熊谷市を抱える埼玉県が昨年、「あついぞ!熊谷打ち水大作戦2017」の会場で実施したアンケート調査によると、「日傘を差してみて涼しく感じた」と答えた人は9割近くに上った。

 前出の協議会の事務局担当者も、「環境省のホームページなどでも紹介されていますが、日傘を使うことで体感温度は15%ぐらい下がるとされます」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る