猛暑で増える「日傘男子」 デビューするならいくらで?

公開日:

 連日の酷暑でこの夏売れているのが日傘だ。最近は「日傘男子」も増えている。中高年サラリーマンも、命を守るために使うべきだろう。

 日本洋傘振興協議会によると、紫外線は日傘で70%以上、晴雨兼用で90%以上、光は99%をカットするという独自の基準を設けている。

 もちろん外の暑さは、直射日光のせいだけではない。周囲の空気は全体的に上がっているし、コンクリートの照り返しもある。それでも日の光を遮ることで体感温度を下げることは可能だ。

 国内の歴代最高気温を記録した熊谷市を抱える埼玉県が昨年、「あついぞ!熊谷打ち水大作戦2017」の会場で実施したアンケート調査によると、「日傘を差してみて涼しく感じた」と答えた人は9割近くに上った。

 前出の協議会の事務局担当者も、「環境省のホームページなどでも紹介されていますが、日傘を使うことで体感温度は15%ぐらい下がるとされます」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る