店を脅迫する客も…カット方法めぐりフライドポテト大論争

公開日: 更新日:

 ホットドッグ店のフライドポテトのカットの仕方をめぐり、大論争が発生。店を経営する家族が身の危険を感じるほどエスカレートし、全国ネットのテレビが報じる騒ぎになっている。

 米フォックスニュース(17日付電子版)によると、問題の店は、メイン州ウオータービルの「ボリーズ・フェーマス・フランクス」。ジム・パーソンズさんと妻のレスリーさんが共同経営している。今年6月に、フライドポテトのカットの仕方を、表面が写真のように波状になっている「クリンクルカット」から、マックフライポテトなどのような「ストレートカット」に変更した。

 すると長年、クリンクルカットのポテトを愛好してきた客たちから苦情が殺到。中には、ジムさんたちに罵声を浴びせたり、暴力的な脅迫をする客もいたという。

 レスリーさんは8月10日、フェイスブックに、こうした状況を報告した上で、ポテトのカットの変更は、経済的な原因による決定だと説明した。ポテトをクリンクルカットにする機械には何枚もの高価な刃が必要で、その刃は驚くほどもろい。あまりに経費がかかるため、カットの仕方を変更したという。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る