店を脅迫する客も…カット方法めぐりフライドポテト大論争

公開日: 更新日:

 ホットドッグ店のフライドポテトのカットの仕方をめぐり、大論争が発生。店を経営する家族が身の危険を感じるほどエスカレートし、全国ネットのテレビが報じる騒ぎになっている。

 米フォックスニュース(17日付電子版)によると、問題の店は、メイン州ウオータービルの「ボリーズ・フェーマス・フランクス」。ジム・パーソンズさんと妻のレスリーさんが共同経営している。今年6月に、フライドポテトのカットの仕方を、表面が写真のように波状になっている「クリンクルカット」から、マックフライポテトなどのような「ストレートカット」に変更した。

 すると長年、クリンクルカットのポテトを愛好してきた客たちから苦情が殺到。中には、ジムさんたちに罵声を浴びせたり、暴力的な脅迫をする客もいたという。

 レスリーさんは8月10日、フェイスブックに、こうした状況を報告した上で、ポテトのカットの変更は、経済的な原因による決定だと説明した。ポテトをクリンクルカットにする機械には何枚もの高価な刃が必要で、その刃は驚くほどもろい。あまりに経費がかかるため、カットの仕方を変更したという。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  7. 7

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  8. 8

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

もっと見る