店を脅迫する客も…カット方法めぐりフライドポテト大論争

公開日:  更新日:

 ホットドッグ店のフライドポテトのカットの仕方をめぐり、大論争が発生。店を経営する家族が身の危険を感じるほどエスカレートし、全国ネットのテレビが報じる騒ぎになっている。

 米フォックスニュース(17日付電子版)によると、問題の店は、メイン州ウオータービルの「ボリーズ・フェーマス・フランクス」。ジム・パーソンズさんと妻のレスリーさんが共同経営している。今年6月に、フライドポテトのカットの仕方を、表面が写真のように波状になっている「クリンクルカット」から、マックフライポテトなどのような「ストレートカット」に変更した。

 すると長年、クリンクルカットのポテトを愛好してきた客たちから苦情が殺到。中には、ジムさんたちに罵声を浴びせたり、暴力的な脅迫をする客もいたという。

 レスリーさんは8月10日、フェイスブックに、こうした状況を報告した上で、ポテトのカットの変更は、経済的な原因による決定だと説明した。ポテトをクリンクルカットにする機械には何枚もの高価な刃が必要で、その刃は驚くほどもろい。あまりに経費がかかるため、カットの仕方を変更したという。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る