店を脅迫する客も…カット方法めぐりフライドポテト大論争

公開日:  更新日:

 ホットドッグ店のフライドポテトのカットの仕方をめぐり、大論争が発生。店を経営する家族が身の危険を感じるほどエスカレートし、全国ネットのテレビが報じる騒ぎになっている。

 米フォックスニュース(17日付電子版)によると、問題の店は、メイン州ウオータービルの「ボリーズ・フェーマス・フランクス」。ジム・パーソンズさんと妻のレスリーさんが共同経営している。今年6月に、フライドポテトのカットの仕方を、表面が写真のように波状になっている「クリンクルカット」から、マックフライポテトなどのような「ストレートカット」に変更した。

 すると長年、クリンクルカットのポテトを愛好してきた客たちから苦情が殺到。中には、ジムさんたちに罵声を浴びせたり、暴力的な脅迫をする客もいたという。

 レスリーさんは8月10日、フェイスブックに、こうした状況を報告した上で、ポテトのカットの変更は、経済的な原因による決定だと説明した。ポテトをクリンクルカットにする機械には何枚もの高価な刃が必要で、その刃は驚くほどもろい。あまりに経費がかかるため、カットの仕方を変更したという。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る