ネイルサロンの入店拒否で生まれた 車いす女性と2人の友情

公開日:

 米ミシガン州バートンに住むアンジェラ・ピータースさん(写真右)は脳性まひのため、車いすでの生活を余儀なくされている。

 7月30日に近所のネイルサロンを訪れたが、入店を拒否された。理由は「脳性まひで手が震えるため、うまくマニキュアを塗ることができない」からだった。

 それを目撃していたのが、ウォルマートでレジ係をしている女性、エボニー・ハリスさん(同左)。アンジェラさんを気の毒に思い、「私がマニキュアを塗ってあげるよ」と申し出て、マニキュアを買い、ウォルマートの中にあるサンドイッチ店「サブウェイ」に連れて行き、そこでマニキュアを塗ってあげた。

 2人から事情を聞いて写真を撮ったのが、サブウェイに勤務しているテイシア・スミスさん。写真と状況説明を自身のフェイスブックに投稿したところ、エボニーさんへの賞賛と、入店を拒否したネイルサロンへの批判で急拡散。8月7日時点で5000人以上が「いいね!」を押し、3500人以上が投稿をシェア、750人以上がコメントを書き込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る