• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

郵便職員も警察官も仰天…大蛇が米カンザス州郊外の住宅に

「本物だ!」

 郵便物を届けにきた郵便職員が驚いた。

 米カンザス州オーバーランドパーク市郊外の住宅の玄関に大蛇が巻きついていた。職員はすぐに市警に通報。警察官がかけつけたが対応しきれず、動物管理局に連絡した。

 専門家はすぐにボールニシキヘビであると判別。長さは2.4メートルだった。米国には多種のヘビが生息するが、ボールニシキヘビはアフリカ中部に分布するヘビで北米大陸にはいない。ペットとして飼われていたものが逃げたとも思われるが、17日の発見後、数日たってもオーナーから捜索願が出されておらず、捨てられた可能性もある。

 専門家によると、ボールニシキヘビは6~7歳で、長期間飼われていたとみられている。

 日本でも外来種のカメや魚を河川に放つオーナーはいるが、「飼えなくなったので捨てました」では飼い主の資格はない。

 ヘビは郵便受けに巻きついていたので、「ここで僕を飼ってください」と主張していたのかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

もっと見る