郵便職員も警察官も仰天…大蛇が米カンザス州郊外の住宅に

公開日: 更新日:

「本物だ!」

 郵便物を届けにきた郵便職員が驚いた。

 米カンザス州オーバーランドパーク市郊外の住宅の玄関に大蛇が巻きついていた。職員はすぐに市警に通報。警察官がかけつけたが対応しきれず、動物管理局に連絡した。

 専門家はすぐにボールニシキヘビであると判別。長さは2.4メートルだった。米国には多種のヘビが生息するが、ボールニシキヘビはアフリカ中部に分布するヘビで北米大陸にはいない。ペットとして飼われていたものが逃げたとも思われるが、17日の発見後、数日たってもオーナーから捜索願が出されておらず、捨てられた可能性もある。

 専門家によると、ボールニシキヘビは6~7歳で、長期間飼われていたとみられている。

 日本でも外来種のカメや魚を河川に放つオーナーはいるが、「飼えなくなったので捨てました」では飼い主の資格はない。

 ヘビは郵便受けに巻きついていたので、「ここで僕を飼ってください」と主張していたのかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る