郵便職員も警察官も仰天…大蛇が米カンザス州郊外の住宅に

公開日:

「本物だ!」

 郵便物を届けにきた郵便職員が驚いた。

 米カンザス州オーバーランドパーク市郊外の住宅の玄関に大蛇が巻きついていた。職員はすぐに市警に通報。警察官がかけつけたが対応しきれず、動物管理局に連絡した。

 専門家はすぐにボールニシキヘビであると判別。長さは2.4メートルだった。米国には多種のヘビが生息するが、ボールニシキヘビはアフリカ中部に分布するヘビで北米大陸にはいない。ペットとして飼われていたものが逃げたとも思われるが、17日の発見後、数日たってもオーナーから捜索願が出されておらず、捨てられた可能性もある。

 専門家によると、ボールニシキヘビは6~7歳で、長期間飼われていたとみられている。

 日本でも外来種のカメや魚を河川に放つオーナーはいるが、「飼えなくなったので捨てました」では飼い主の資格はない。

 ヘビは郵便受けに巻きついていたので、「ここで僕を飼ってください」と主張していたのかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る