恩師を思い豚を競売に…米15歳少年から広がった善意の連鎖

公開日: 更新日:

 米ウィスコンシン州の女性教師と少年、そして地元企業家たちの“善意の連鎖”が話題になっている。

 米CNN(10日付電子版)などによると、同州エバンズビルに住むウェイロン・クロッツマン君(15=写真左)は極めてシャイで、人付き合いが苦手。しかし気持ちが優しく、自宅の農場で豚を飼うなど地道な作業を誠実に行う少年だ。

 ウェイロン君が通う学校の数学の女性教師で、生徒たちから「ミスK」というニックネームで親しまれているキム・カッツェンマイヤーさん(同右)は、ウェイロン君の長所に気付き、それを伸ばそうと、ことあるごとに彼を励ました。

 ウェイロン君とミスKの絆は少しずつ深まったが、先日、ミスKが学校を辞めることになり、ウェイロン君は大ショック。「辞めないでください」と頼んだが、「昨年、4歳の姪が小児がんの神経芽細胞腫と診断され、その病気の治療研究のために資金を集める慈善団体『ビートNB』で働く決意をしたのよ」と説明され、ウェイロン君も納得。新たにある決意をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  7. 7

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  8. 8

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る