埼玉県の“ギネス級”花火大会で航空ショー開催計画のなぜ

公開日:

 埼玉県鴻巣市で10月13日に予定される「こうのす花火大会」。今年初めて航空自衛隊機「T―4」の航空ショーが併せて開催される計画があり、これを巡って地元が大騒ぎとなっている。

 終戦記念日の8月15日。鴻巣市役所で十数人の市民が要望書を提出した。花火大会での自衛隊航空ショーを市が後援するため、その中止を求めたのだった。小学生の子どもを連れた女性はこう言う。

「花火大会で自衛隊の航空ショーをやるなんて全く知らされていなかった。いきなり戦闘機が飛んできたら怖がる子どももいる。こういう企画によって自分たちが気がつかないうちに自衛隊が身近な存在になっているのが恐ろしいですね」

「こうのす花火大会」は今年で17回目。地元鴻巣市商工会の青年部が主催し、打ち上げ数は約2万発、昨年は約40万人の見物客が集まった。2014年の第13回大会では、「世界最大の打ち上げ花火」として当時ギネス記録に認定されていた直径約105センチ、重さ約460キロの「四尺玉」を打ち上げたことで有名だ。そんな花火大会に、なぜ無関係な航空ショーが加わることになったのか。ヒントは地元商業施設でのイベント中止騒動にあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る