埼玉県の“ギネス級”花火大会で航空ショー開催計画のなぜ

公開日:

 埼玉県鴻巣市で10月13日に予定される「こうのす花火大会」。今年初めて航空自衛隊機「T―4」の航空ショーが併せて開催される計画があり、これを巡って地元が大騒ぎとなっている。

 終戦記念日の8月15日。鴻巣市役所で十数人の市民が要望書を提出した。花火大会での自衛隊航空ショーを市が後援するため、その中止を求めたのだった。小学生の子どもを連れた女性はこう言う。

「花火大会で自衛隊の航空ショーをやるなんて全く知らされていなかった。いきなり戦闘機が飛んできたら怖がる子どももいる。こういう企画によって自分たちが気がつかないうちに自衛隊が身近な存在になっているのが恐ろしいですね」

「こうのす花火大会」は今年で17回目。地元鴻巣市商工会の青年部が主催し、打ち上げ数は約2万発、昨年は約40万人の見物客が集まった。2014年の第13回大会では、「世界最大の打ち上げ花火」として当時ギネス記録に認定されていた直径約105センチ、重さ約460キロの「四尺玉」を打ち上げたことで有名だ。そんな花火大会に、なぜ無関係な航空ショーが加わることになったのか。ヒントは地元商業施設でのイベント中止騒動にあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る