埼玉県の“ギネス級”花火大会で航空ショー開催計画のなぜ

公開日: 更新日:

 埼玉県鴻巣市で10月13日に予定される「こうのす花火大会」。今年初めて航空自衛隊機「T―4」の航空ショーが併せて開催される計画があり、これを巡って地元が大騒ぎとなっている。

 終戦記念日の8月15日。鴻巣市役所で十数人の市民が要望書を提出した。花火大会での自衛隊航空ショーを市が後援するため、その中止を求めたのだった。小学生の子どもを連れた女性はこう言う。

「花火大会で自衛隊の航空ショーをやるなんて全く知らされていなかった。いきなり戦闘機が飛んできたら怖がる子どももいる。こういう企画によって自分たちが気がつかないうちに自衛隊が身近な存在になっているのが恐ろしいですね」

「こうのす花火大会」は今年で17回目。地元鴻巣市商工会の青年部が主催し、打ち上げ数は約2万発、昨年は約40万人の見物客が集まった。2014年の第13回大会では、「世界最大の打ち上げ花火」として当時ギネス記録に認定されていた直径約105センチ、重さ約460キロの「四尺玉」を打ち上げたことで有名だ。そんな花火大会に、なぜ無関係な航空ショーが加わることになったのか。ヒントは地元商業施設でのイベント中止騒動にあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る