米国では廃止の水着審査継続を決めた「ミス日本」の言い分

公開日:

 第51回「ミス日本コンテスト2019」の東日本地区大会が27日、東京・新宿の京王プラザホテルで行われた。書類と面接の審査を通過した25人がファイナリストの座をかけて洋服と水着の審査に臨み、この日、8人がファイナルに進出した。全国4ブロックの地区大会を勝ち抜いたファイナリストによる「ミス日本コンテスト」は来年1月21日に行われる。

 今回のミスコンは女性の水着審査が行われるか否かも注目されていた。6月に「ミス・アメリカ」の運営団体が、「もう身体的な外見で判断しない」と水着審査を廃止することを明言したためだ。これを受けて本紙が「ミス日本コンテスト」事務局長の和田健太郎氏に水着審査について聞いたところ「以前から廃止についての議論はありました。次回の水着審査については検討中」と言及していた。だから、“中止”を予想する声もあったのだが、今回は一応、水着審査は行われたものの、従来のウオーキング審査はなく、水着を着ての質疑応答のみ。なぜウオーキングをやめてしまったのか。その理由を和田氏に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る