Tokyo Otaku Mode社長 小高奈皇光氏は通学時間が読書時間

公開日:

 日本のポップカルチャーの世界発信や漫画家などクリエーターの著作権保護を手がける「トーキョー・オタク・モード」。社長の小高さんは、慶応大学総合政策学部を卒業後、メリルリンチ投資銀行部に入社したエリート金融マンだ。ところが、何を思ったか、6年前に共同創業者の亀井智英氏と同社を設立している。

 現在、約90人のスタッフを抱えるまでの会社に成長したが、創業時は地下のガレージを間借りしての苦労の船出だった。

「エンジェル投資家の善意でガレージを仕事場に提供してもらったのですが、地下ですから窓がなく、光が一切差さない。仕事を終えた後、外へ出てみて初めて雨が降っていたことに気付く日もありました。ただ、その環境に不満はなかったし、パソコンさえあれば場所はどこでもよかった。日本のアニメ、ゲーム、映画などのコンテンツ産業は2016年の時点で64兆円ですが、これが22年には81兆円に拡大する見込みです。とはいえ、急成長の陰には、海外の違法コピーなどクリエーターの権利保護がないがしろにされている側面もあります。我々の仕事を簡単に言うと、正規品を流通させ、漫画家さんたちの権利を守る役目。収入が増えれば、次の作品制作に資金が回ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る