Tokyo Otaku Mode社長 小高奈皇光氏は通学時間が読書時間

公開日:

 日本のポップカルチャーの世界発信や漫画家などクリエーターの著作権保護を手がける「トーキョー・オタク・モード」。社長の小高さんは、慶応大学総合政策学部を卒業後、メリルリンチ投資銀行部に入社したエリート金融マンだ。ところが、何を思ったか、6年前に共同創業者の亀井智英氏と同社を設立している。

 現在、約90人のスタッフを抱えるまでの会社に成長したが、創業時は地下のガレージを間借りしての苦労の船出だった。

「エンジェル投資家の善意でガレージを仕事場に提供してもらったのですが、地下ですから窓がなく、光が一切差さない。仕事を終えた後、外へ出てみて初めて雨が降っていたことに気付く日もありました。ただ、その環境に不満はなかったし、パソコンさえあれば場所はどこでもよかった。日本のアニメ、ゲーム、映画などのコンテンツ産業は2016年の時点で64兆円ですが、これが22年には81兆円に拡大する見込みです。とはいえ、急成長の陰には、海外の違法コピーなどクリエーターの権利保護がないがしろにされている側面もあります。我々の仕事を簡単に言うと、正規品を流通させ、漫画家さんたちの権利を守る役目。収入が増えれば、次の作品制作に資金が回ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る