• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Tokyo Otaku Mode社長 小高奈皇光氏は通学時間が読書時間

 日本のポップカルチャーの世界発信や漫画家などクリエーターの著作権保護を手がける「トーキョー・オタク・モード」。社長の小高さんは、慶応大学総合政策学部を卒業後、メリルリンチ投資銀行部に入社したエリート金融マンだ。ところが、何を思ったか、6年前に共同創業者の亀井智英氏と同社を設立している。

 現在、約90人のスタッフを抱えるまでの会社に成長したが、創業時は地下のガレージを間借りしての苦労の船出だった。

「エンジェル投資家の善意でガレージを仕事場に提供してもらったのですが、地下ですから窓がなく、光が一切差さない。仕事を終えた後、外へ出てみて初めて雨が降っていたことに気付く日もありました。ただ、その環境に不満はなかったし、パソコンさえあれば場所はどこでもよかった。日本のアニメ、ゲーム、映画などのコンテンツ産業は2016年の時点で64兆円ですが、これが22年には81兆円に拡大する見込みです。とはいえ、急成長の陰には、海外の違法コピーなどクリエーターの権利保護がないがしろにされている側面もあります。我々の仕事を簡単に言うと、正規品を流通させ、漫画家さんたちの権利を守る役目。収入が増えれば、次の作品制作に資金が回ります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る