親友に腎臓を匿名で提供 米ミズーリ州の女性2人に共感の声

公開日: 更新日:

 米ミズーリ州に住む親友2人のエピソードに共感の声が集まっている。

 地元テレビ局KMBC(8月23日付電子版)によると、カンザスシティー郊外のバトラーに住むドンセラ・リッギンズさん(写真右)は昨年、腎臓病にかかり、移植のための“ドナー”を待っていた。

 ドンセラさんは長い間、大学時代からの親友でやはりバトラーに住んでいるベバリー・バーチさん(同左)に病気のことを黙っていたが、しばらくして「実は腎臓病で、ドナーを待っているの」と告白。すると間もなく、病院から「適合するドナーが現れた」との連絡が!

 ドンセラさんが、連絡をくれた医師に「ドナーはどなたですか?」と尋ねると、「匿名を望んでいるのでお教えできません。若くて健康な方ですよ」との答え。

 そう、ドナーの正体は親友のべバリーさんだった。しかし、ベバリーさんはそれから半年間、手術の前日までその事実をドンセラさんに秘密にしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

もっと見る