「裏庭の野良猫に餌を与えて」前の家主に託された女性は…

公開日: 更新日:

 米国の、とある町で中古の家を購入したミランダさん(23)一家。今年7月にワシントン州から引っ越してきた際、前のオーナーから1枚のメモが残されていることに気がついた。

 米ニュースサイト「サニー・スカイズ」(27日付)などによると、そのメモには、ミランダさんたちを歓迎するメッセージの後に、こんなことが書かれていたという。

「“できれば”で結構ですが、ひとつお願いがあります。裏庭に高齢の猫が住んでいます。野良猫で、12年前に裏庭で生まれました。脚にけがをしており、人を近づけません。私たちは何年も毎日、1日に2回、この子に食事を与えていました。通常、裏庭のポーチに乾燥タイプやウエットタイプのキャットフードと水を置いていました。(中略)……もし、この子に餌を与えてくだされば、心から感謝いたします。この子を置いていくのが、とてもつらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る