「裏庭の野良猫に餌を与えて」前の家主に託された女性は…

公開日:

 米国の、とある町で中古の家を購入したミランダさん(23)一家。今年7月にワシントン州から引っ越してきた際、前のオーナーから1枚のメモが残されていることに気がついた。

 米ニュースサイト「サニー・スカイズ」(27日付)などによると、そのメモには、ミランダさんたちを歓迎するメッセージの後に、こんなことが書かれていたという。

「“できれば”で結構ですが、ひとつお願いがあります。裏庭に高齢の猫が住んでいます。野良猫で、12年前に裏庭で生まれました。脚にけがをしており、人を近づけません。私たちは何年も毎日、1日に2回、この子に食事を与えていました。通常、裏庭のポーチに乾燥タイプやウエットタイプのキャットフードと水を置いていました。(中略)……もし、この子に餌を与えてくだされば、心から感謝いたします。この子を置いていくのが、とてもつらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る