消防隊員が救出した犬を飼い始め…同僚も大喜びの深いワケ

公開日:  更新日:

 米カリフォルニア州メンダシーノで8月に発生した同州史上最大の森林火災。ユタ州ドレイパーから応援のため派遣された消防隊が救出した犬が話題になっている。

 地元テレビ局KLS(26、27日付電子版)によると、隊員のパトリック・カレンさんは8月上旬、山中で消火活動中に暗がりの中に2つの目が光っているのに気が付いた。最初は「クーガーか」と思ったが、飛び出してきたのは美しいジャーマン・シェパードだった。炎にまかれて、行き場を失っていたらしい。

 犬は疲労困憊、カラカラに喉が渇いていたようで、カレンさんが与えた水をものすごい勢いで飲むと、消防車の下に潜り込み、眠り込んでしまった。カレンさんは2日後、犬を山の麓で放した。

 しかし、カレンさんは、この犬のことが頭から離れなかった。ドレイパーに戻ってからも「あの犬、飼えたら最高なのにな……」などと同僚と話したりしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る