消防隊員が救出した犬を飼い始め…同僚も大喜びの深いワケ

公開日: 更新日:

 米カリフォルニア州メンダシーノで8月に発生した同州史上最大の森林火災。ユタ州ドレイパーから応援のため派遣された消防隊が救出した犬が話題になっている。

 地元テレビ局KLS(26、27日付電子版)によると、隊員のパトリック・カレンさんは8月上旬、山中で消火活動中に暗がりの中に2つの目が光っているのに気が付いた。最初は「クーガーか」と思ったが、飛び出してきたのは美しいジャーマン・シェパードだった。炎にまかれて、行き場を失っていたらしい。

 犬は疲労困憊、カラカラに喉が渇いていたようで、カレンさんが与えた水をものすごい勢いで飲むと、消防車の下に潜り込み、眠り込んでしまった。カレンさんは2日後、犬を山の麓で放した。

 しかし、カレンさんは、この犬のことが頭から離れなかった。ドレイパーに戻ってからも「あの犬、飼えたら最高なのにな……」などと同僚と話したりしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る