5000円でお釣りが 富士吉田で“貧者”の2拠点暮らしを体験

公開日: 更新日:

 喧騒の東京と富士山の見える風光明媚の地を往来しながら、2拠点生活――。なんていうと山梨県鳴沢村に別荘を持つ、安倍首相のような金持ちじゃないと無理だと思ってはいないだろうか。だが首相の別荘にほど近い富士吉田市なら、当地の施設や制度を活用することで格安で実現できる。記者が体験した“貧者の2拠点暮らし”実践法をリポートする。

■“富士山どーん”を眺めながら仕事

 2拠点暮らしには、まず書斎代わりの仕事場が必要だろう。そこでお勧めなのが同市に9月にオープンしたコワーキングスペース「anyplace.work 富士吉田」だ。

 最寄りの富士山駅(富士急河口湖線)から徒歩5分にあり、広さ約200平方メートル。3面ガラス張りの室内からは、晴れていれば富士山が圧倒的大きさで見える。この施設が1日1000円、月間使い放題プランなら1万円で利用できる。ちなみに新宿からの高速バスを使えば片道1750円。約1時間半で富士山駅に着き、1時間に1本以上の頻度で運行している。日帰りなら“富士山どーん”を眺めつつ仕事をして、5000円でお釣りがくる計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る