異色経営者に聞く 赤字リゾートを再生させた仕組みと発想

公開日:

 長野県富士見町の八ケ岳中腹に位置する富士見高原リゾート株式会社は、スキー場、花の里、ゴルフ場、ホテル、大型合宿施設、約2000区画の別荘地管理からなる複合施設だ。町の公社や地元の財産区が出資した第三セクターとして、1972年にスタートした。

 バブル期には施設利用者が伸び、95年には来場者61万人、売上高24億円、純利益1億5000万円を記録した。だが多くのリゾートと同様にバブル崩壊後、経営難にあえぐ。来場者と売上高は半減し、2000年代は毎年のように赤字を計上した。

 11年にこの会社は現社長の福田敏明氏(70)を外部から招聘した。福田氏の前職は山梨県韮崎市副市長だが、もともと公務員ではない。

 福田氏は中央大学卒業後、マイカル(当時ニチイ)に入社。スーパー、ファッションビル、百貨店を経験した後、1992年に開業した同社子会社のリゾートホテル「リゾナーレ小淵沢」の社長を務めた。こちらは高級リゾートとして高い評価を受けたが、01年のマイカル破綻を受け、他社に営業譲渡された。その後、経験を買われ韮崎市副市長にスカウトされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る