異色経営者に聞く 赤字リゾートを再生させた仕組みと発想

公開日: 更新日:

 長野県富士見町の八ケ岳中腹に位置する富士見高原リゾート株式会社は、スキー場、花の里、ゴルフ場、ホテル、大型合宿施設、約2000区画の別荘地管理からなる複合施設だ。町の公社や地元の財産区が出資した第三セクターとして、1972年にスタートした。

 バブル期には施設利用者が伸び、95年には来場者61万人、売上高24億円、純利益1億5000万円を記録した。だが多くのリゾートと同様にバブル崩壊後、経営難にあえぐ。来場者と売上高は半減し、2000年代は毎年のように赤字を計上した。

 11年にこの会社は現社長の福田敏明氏(70)を外部から招聘した。福田氏の前職は山梨県韮崎市副市長だが、もともと公務員ではない。

 福田氏は中央大学卒業後、マイカル(当時ニチイ)に入社。スーパー、ファッションビル、百貨店を経験した後、1992年に開業した同社子会社のリゾートホテル「リゾナーレ小淵沢」の社長を務めた。こちらは高級リゾートとして高い評価を受けたが、01年のマイカル破綻を受け、他社に営業譲渡された。その後、経験を買われ韮崎市副市長にスカウトされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  5. 5

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  6. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  7. 7

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る