女性ひとり暮らしの引っ越し アンペア数下げ6000円の節約

公開日: 更新日:

 来年10月には消費税が10%に増税される。増税分をカバーするため、日刊ゲンダイ独身アラサー女性記者は先日、引っ越しをした。税法では家賃に消費税を課税することができないが、リフォーム費用や管理費、水道光熱費などの諸経費は上がる。もちろん、引っ越し業者の代金も値上がる。それを見据えて、行動した方がよさそうだ。

 女性記者といえども仕事の付き合いも多く必然的に家の滞在時間が少なくなる。常々、家賃がもったいないと思っており、この際だからと丸ノ内線・新大塚駅の9万5000円(管理費込み)のマンションから、文京区内の7万5000円(同)へ引っ越し、2万円浮かせた。

 新築の1K(8畳)、独立洗面台付きの温水洗浄便座から、築13年の1K(6畳)のユニットバスの手動トイレに“都落ち”感はあるが、年24万円の削減だ。


 今年はドライバー・トラック不足も社会問題になったが、単身者にとって業者に頼むのはコスパが悪い。大手引っ越し業者(通常期、荷物少なめの単身、市区町村内移動)の平均は3万円。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る