ドコモからワイモバイルに乗り換えたら年5万2812円の節約

公開日: 更新日:

 来年10月から消費税が10%に引き上げられる。年収別の負担増分を試算すると、年金世帯(200万~300万円)で3.9万円増、標準世帯(500万~600万円)が5.1万円増、都市圏の平均世帯(700万~800万円)が6万円増となる。これを何とかするため、日刊ゲンダイ記者が手分けして「固定費」の削減を試みた。1回目は「携帯電話代」だ。

 菅官房長官が大手携帯会社の料金に対し、「4割程度下げる余地がある」と圧力をかけている。これ自体は喜ばしいことだが、実際に下がるのは来年10月以降のこと。そう、消費税率アップのガス抜きが狙いだ。

 その前に何としてでも家計の負担を減らしたい。記者の家庭の10月分のドコモ携帯電話の引き落とし金額は3万2300円。本人と40代妻、中学3年の娘の3台のスマホとiPad1台の合計で、記者のみの携帯代は7284円(月額=以下同)だ。自分が悪いのだが、一度も使ったことのない映像や音楽配信料金も入っていた。携帯端末は2年以上使っているので、分割払いはすでに終了している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る