iki ESPRESSO(清澄白河)“聖地”でNZのカフェ文化を体現

公開日:

「サードウエーブ」という言葉をご存じだろうか。定義はさまざまあるが、ざっくり説明すると以下のように整理できる。

 ファーストウエーブとは、コーヒーが急速に家庭に広まった19世紀後半から1960年代の潮流。セカンドウエーブはその後の潮流で、「シアトル系」と呼ばれるスターバックスをイメージすればよい。これに対してサードウエーブとは特定の農園からコーヒー豆を取り寄せ、自家焙煎し、1杯ずつ手で入れるというもの。

 その代表格が2002年に米国西海岸で創業した「ブルーボトルコーヒー」。その店が15年、清澄白河にオープンしたこともあって、同地は若い人の間で「サードウエーブの聖地」と呼ばれている。

 3年前にオープンした「ikiESPRESSO」もサードウエーブの流れをくんでいると位置付けられているが、オーナーの原瀬輝久さんに話を聞くと、流行を意識した店とはいえないような気がした。日本に進出しているサードウエーブのカフェは海外の本社にライセンス料を支払って開くケースが多いと聞くが、iki開店の経緯や店に対する思い入れがかなり独特だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る