iki ESPRESSO(清澄白河)“聖地”でNZのカフェ文化を体現

公開日:

「サードウエーブ」という言葉をご存じだろうか。定義はさまざまあるが、ざっくり説明すると以下のように整理できる。

 ファーストウエーブとは、コーヒーが急速に家庭に広まった19世紀後半から1960年代の潮流。セカンドウエーブはその後の潮流で、「シアトル系」と呼ばれるスターバックスをイメージすればよい。これに対してサードウエーブとは特定の農園からコーヒー豆を取り寄せ、自家焙煎し、1杯ずつ手で入れるというもの。

 その代表格が2002年に米国西海岸で創業した「ブルーボトルコーヒー」。その店が15年、清澄白河にオープンしたこともあって、同地は若い人の間で「サードウエーブの聖地」と呼ばれている。

 3年前にオープンした「ikiESPRESSO」もサードウエーブの流れをくんでいると位置付けられているが、オーナーの原瀬輝久さんに話を聞くと、流行を意識した店とはいえないような気がした。日本に進出しているサードウエーブのカフェは海外の本社にライセンス料を支払って開くケースが多いと聞くが、iki開店の経緯や店に対する思い入れがかなり独特だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る