あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

Seven(三軒茶屋)若かった頃を思い出してみたい

公開日: 更新日:

 若い頃は「視野に入らなかった店」が、齢を重ねていくことで「入ってくるようになる」――。

 田園都市線・三軒茶屋駅から国道246号を環七方面に少しだけ歩き、角を左に折れたところにある「Seven」は、1963年創業の老舗です。

 20代の頃です。Sevenの前を通り過ぎた先にあるスタジオに何度も通いました。プロになる前のこと。まだ血気盛んだった時代でした。ご飯を食べるにしても、お茶を飲むにしても「行ってみたい!」と思う店構えや雰囲気などが今とは違い、もっと刺激的なたたずまいを求めていました。

 いろいろな経験を積み重ね、喜怒哀楽を少しコントロールできるようになった年齢に差し掛かった時でした。それまで気付かなかったSevenの看板と窓越しに見えるランプの淡い光が目に飛び込み、無意識に入り口のドアを開けていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る