あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

福岡「風街」はオープン40年以上 昭和テイストが息づく

公開日: 更新日:

 4日の朝、どこにいたのかというと……福岡にいました。20年前からメンバーの一員としてドラムを叩いているコーネリアスの全国ツアー「Mellow Waves Tour」が3日の福岡を皮切りにスタート。初日のステージを終えて翌朝、福岡・天神の純喫茶「風街」に足を運んだのです。

 団塊の世代の人にしてみたら、伝説的なバンド「はっぴいえんど」の2枚目のアルバム「風街ろまん」(1971年リリース)を思い出すのかなぁ……なんてつぶやきながらレンガ造りの店のドアを開けて入りました。そこには、しっかりと「昭和のテイスト」が息づいていました。オープンして40年以上の老舗ですからね。はっぴいえんど世代の人、40代のサラリーマン、30代の主婦、20代のカップルと客層はさまざまですが、誰もが「ホッとひと息つきながらくつろげる」空間が形成されていました。

 定番メニューの「モーニングセット」を頼みました。コーヒーを飲みながらトースト、丸い器にのせられたポテトサラダ、コールスロー、生野菜、ハムを食べながらコーネリアスとの関わりについて思いを馳せました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る