あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

福岡「風街」はオープン40年以上 昭和テイストが息づく

公開日: 更新日:

 4日の朝、どこにいたのかというと……福岡にいました。20年前からメンバーの一員としてドラムを叩いているコーネリアスの全国ツアー「Mellow Waves Tour」が3日の福岡を皮切りにスタート。初日のステージを終えて翌朝、福岡・天神の純喫茶「風街」に足を運んだのです。

 団塊の世代の人にしてみたら、伝説的なバンド「はっぴいえんど」の2枚目のアルバム「風街ろまん」(1971年リリース)を思い出すのかなぁ……なんてつぶやきながらレンガ造りの店のドアを開けて入りました。そこには、しっかりと「昭和のテイスト」が息づいていました。オープンして40年以上の老舗ですからね。はっぴいえんど世代の人、40代のサラリーマン、30代の主婦、20代のカップルと客層はさまざまですが、誰もが「ホッとひと息つきながらくつろげる」空間が形成されていました。

 定番メニューの「モーニングセット」を頼みました。コーヒーを飲みながらトースト、丸い器にのせられたポテトサラダ、コールスロー、生野菜、ハムを食べながらコーネリアスとの関わりについて思いを馳せました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    吉川晃司「探偵・由利麟太郎」はハマり役 ドロドロ感が吉

もっと見る