あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

小樽「コロンビア」懐かしくホッとした気持ちに包まれる

公開日:

 戦後間もなくにオープンした老舗です。前々から「お邪魔してみたい」と思っていましたが、10月24日のコーネリアスの札幌ライブの後、ついに念願がかないました。

 北海道・札幌とは、もともとご縁があります。

 市内に「米風亭」という油そばの人気店があり、ミュージシャン仲間と通っているうちに奥さまと仲良しになりました。それで札幌でライブをやるたびに自宅に泊めていただくようになったのです。実はご夫婦ともに純喫茶好き。「小樽のコロンビアに一緒に行ってみよう!」となったわけです。

 外観は、白い外壁に赤茶けた色の屋根。入り口には黄色いテント屋根が張られ、そこに店名が茶色の文字で書いてありました。

 この組み合わせを見ただけで「もぅ~サイコー!」と思いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る