あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

至る所にモノが 仙台「道玄坂」ガヤガヤの中でウキウキと

公開日:

 仙台市に住んでいる友人に「ゆうこ、絶対に好きな店だよ」と言われました。店の前に立った瞬間、好きになりました。

 古びた一枚ドアの周りにツタがビッシリ。ギィ~と開けると「なんて情報量の多い店なの!」と思わないではいられませんでした。とにかく、至る所に「いろいろなモノ」が整然と(やや雑然と)並んでいます。

 窓から壁にかけて古風なタイプのランタン式ランプ、古時計、人形、洋酒のミニチュア瓶、アニメや漫画の人気キャラクター、企業のノベルティーグッズなどが所狭しと置いてあったり、ぶら下げられていたり、そうそう、モデルガンもたくさん壁に飾られていました。

 お邪魔した時、たまたまお客さんが少なかったので遠慮せず、店内中をキョロキョロ見渡しました。お店の一角を占めている大量の漫画本が収まっている棚も目を引きました。よく見ると、塩化ビニール製のウルトラマンや怪獣の人形も多く、オーナーがバイク好きなのかな? ホンダ、ヤマハ、カワサキなどメーカーのロゴマークやホイールも置いてありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る