あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

モリノ(川﨑)「ここ」はメッチャ「いい」感じ

公開日:

 かかりつけのお医者さんがいる病院が川崎駅近くにあり、定期的に足を運んでいるのですが、この辺りは食べ物屋さん、たくさんあるのに目移りせず、いつも「ここ」に来てしまいます。

 店の玄関の左側にサンプルメニューの入ったショーウインドーがあります。これがメッチャ「いい」感じなんですよね。

 実は、このショーウインドーを見た瞬間、純喫茶好きのハートをガッチリわしづかみされてしまいました。コーヒー、メロンソーダ、ミルクセーキなど飲み物と一緒に看板メニューのナポリタン&カレー、オムライス、いろいろな食材の入ったお弁当……などが整然と並べられ、もう理屈抜きで「メニューすべてを飲み食いしたい!」と思わせるだけのオーラをヒシヒシと感じるのです。

 店内のテーブルと椅子の配置も、これがまた実に「いい」感じ。

 片側のコーナーがソファシートになっているので、一人で入った時にはチョコンと座り、店内を見渡しながらゆったり過ごせるというわけ。他にも2人掛け、4人掛けの席もあるので友達と一緒の時には、そっちのテーブルに座っておしゃべりしながら過ごします。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る