高齢者の買い物代金を立て替えて…思わず涙した感謝の手紙

公開日: 更新日:

 自分にとっては小さな親切のつもりでも、相手にとっては大きな意味があったことを知り、涙した……そんな心優しい女性のエピソードが共感を呼んでいる。

 米地方局CBSボストン(1月10日付電子版)によると、ニューハンプシャー州ナシュアに住むソーニャ・マクミランさん(25=写真)は先日、近所のスーパーマーケットで買い物をして、レジに並んだ。

 会計をしようとしたところ、すぐ後ろに並んでいた、かなり高齢の男性が「しまった……財布を忘れた」と狼狽していることに気が付いた。

 男性の買い物は少なかったし、何より高齢だ。わざわざ財布を家に取りに帰るのは気の毒だと感じたソーニャさん、「良かったら、私が一緒に払いましょう」と会計を済ませた。

 恐縮した男性は「必ずお返ししますから」と、ソーニャさんの名前と住所を聞いて立ち去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る