世界最高齢107歳 米NY州の床屋さんは2019年も現役バリバリ

公開日: 更新日:

 当欄は「海外仰天ニュース」という題がついているが、ギネス記録を紹介してはいない。だが今回は別だ。

 ニューヨーク・タイムズ紙を含む多くの米メディアが紹介した床屋が最近話題になっている。世界最高齢の現役の床屋さんが米ニューヨーク州ニューウィンザー市で今も髪を切っている。アンソニー・マンチネッリさんは現在、107歳(写真はユーチューブから)。3月には108歳になる。

 驚かされるのは働き始めたのが11歳なので、96年間も現役を続けていることだ。しかも今も正午から夜8時まで週5日間、髪を切っている。

「若さを保つ秘訣? 働き続けることだね。忙しくしていることさ。早く仕事をやめると老け込むのも早いね」

 マンチネッリさんの息子は85歳。81歳の時に仕事をやめている。

「父親は私よりも見た目が若いですよ。かないません」

 メディアに紹介されてから「マンチネッリさんに髪を切ってほしい」という人が全米からやって来る。ちなみに床屋の名前は「ファンタスティック・カッツ」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る