女装男性のパフォーマンス 豪では高齢者の健康“効果アリ”

公開日:  更新日:

 男性がド派手なメークで女装してパフォーマンスを行う「ドラァグクイーン」。彼女(?)たちのパフォーマンスは、高齢者に驚くほど“いい刺激”を与えるようだ。

 ABC(オーストラリア放送協会)のラジオ・シドニー(8月28日付電子版)などによると、ドラァグクイーンの2人組「モーテル・シスターズ」のタッキー(写真左)とパリス(同右)は、芸術を支援するNPOのプロジェクトの一環として、シドニーにある介護施設「アベル・タスマン・ビレッジ」で1カ月間、住み込みでパフォーマンスなどを行った。

 歌やダンスのショーのほかに、入居者が参加できる「宝探し」などのゲーム、アロマテラピーやラテンダンスのクラスを開催したり、ティーパーティーを開いたりして高齢者たちと交流。また個室から出られない入居者のために、部屋をカラフルに模様替えしたりした。

 同施設の医療責任者によると、2人の活動は驚くほどの効果があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  7. 7

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

  8. 8

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    協議打ち切り…日韓レーダー照射問題をこじらせた政治の罪

もっと見る