男性は「春」に出会う 成就の秘訣を合コン協会会長が指南

公開日: 更新日:

 結婚相手紹介サービスのオーネットが実施した「独身男女の交際スタートに関する実態調査」によると、交際をスタートした季節で最も多かったのは、男性は「春」で女性が「夏」だ。男性は4月がダントツで、次いで3月に交際を始めている割合が高い。

「男性の恋愛活力は仕事と比例するといわれます。年度末は決算や異動、引き継ぎなどで仕事が立て込む時期。心機一転、恋愛モードに入れるのが3月末から4月になるのでしょう」(日本合コン協会会長の田中絵音氏)

 一方で、「夏」や「冬」はそれほど交際につながらないという。夏は女性が開放的になり、露出度も高いが、男性にとっては「特定の女性よりはいろんな相手と楽しみたいというタイミングになる」という。

 冬は、クリスマスや年末年始のイベントで周囲の目を気にするあまり、冷静な判断ができなくなる。その結果、本命との交際につながりにくい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る