肝はプロフィル写真 アラフォー女性が“婚活アプリ”を体験

公開日: 更新日:

 最近、婚活サイト・婚活アプリの利用者が増えている。サイバーエージェントの子会社、マッチングエージェントの調査では、2015年に120億円だった市場規模が18年は273億円にまで拡大、21年には500億円を突破する見通しだという。何より、周囲で「婚活アプリで結婚した」という話をよく聞くようになった。しかも、同世代。

 40歳を目前に年下の彼氏にフラれて2年。いい加減よき人に巡り合いたいと筆者も婚活アプリを始めることにした。

 今やさまざまな婚活アプリがあるが、基本的に会員登録をして、自分のプロフィルを作成する。顔写真も必要だ。プロフィルが公開されると、男性(男性は女性の)のプロフィルが見られるようになり、気に入った人がいたら「いいね!」を押す。その相手も自分に「いいね!」を押してくれたらマッチングが成立。メッセージのやりとりができるようになる仕組みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る