ネット婚活はリアルよりメリット大 加藤文果氏がナゼ解説

公開日: 更新日:

 婚活もネットが主流の時代だ。リクルートブライダル総研の「婚活実態調査2018」によると、「婚活サイト・アプリ」を使って結婚した割合は過去最高になったという。一昔前なら、ネットでの出会いなどいかがわしくて怪しいと考えられたものだが、実はこれほど婚活に向いているツールもないらしい。

 男女問題に詳しい作家の加藤文果氏が言う。

「20代の特に男性は、恋愛で傷つくことを恐れています。だから草食系になるのですが、恋愛をしたくないわけではありません。そんな、女性と向き合いたいのにメンタルが弱い男性は、ネットを駆使することで、傷つくことを回避できるのです。『この美術館、面白いらしいけど?』とか、『グルメフェスにみんなを誘おうと思うんだけど?』と、デートをにおわせない誘い方ができるので、断られても傷つかない。面と向かって誘ったら、うまくいかなかった時に気まずくなりますからね。傷つかない分、切り替えもしやすいので、たくさんの異性と交流できるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る