横山信治さん<1>日本信販に入社して15年目 出社時に吐き気

公開日: 更新日:

 日銀がマイナス金利を導入して3年。その余波で、メガバンクの普通預金金利はゼロで預金での財テクは不可能だが、住宅ローン金利は安い。固定金利で1%を割るプランも珍しくない。今回登場の横山さんは現役時代、日本初の住宅ローン専門金融機関SBIモーゲージの設立に関わり、上場企業へと成長させる。が、サラリーマン人生のスタートを切った日本信販(現・三菱UFJニコス)で大きな挫折を経験したという。

「1982年に大学を卒業して入社してから15年目くらいかな。営業成績はほぼトップクラスでしたが、左遷されました。1年に2回、人事面談があって、書類には希望する部署と希望しない部署を記入する欄がありました。僕は、債権回収部が嫌で、希望しない部署に記入し続けていたんですが、そこへの異動を命じられたんです」

 91年にバブルが崩壊する。左遷された97年の平均株価は、史上最高値の3万8915円(89年)から年末には1万4000円台にまですべり落ちていた。厳しい時代に“結果”を残していたのに、なぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る