反町康治さん<1>先輩に丸紅を勧められたが就職は全日空に

公開日: 更新日:

 今月22日、Jリーグが27年目の開幕を迎える。3連覇を目指す川崎フロンターレをどこが止めるのか、バルサ化を進めるヴィッセル神戸は台風の目となるのか。今季も興味は尽きないが、2度目の昇格を果たした松本山雅FCも注目だ。監督は、北京五輪日本代表監督も務めた反町康治さん(54)。1993年のJリーグ元年は、全日空の社員としてピッチに立ち続けていた。

 反町さんは自らを「あまのじゃく」と評する。誰かに用意された道は歩かない。自分で考えて選ぶのだ。

 大学受験もそうだった。名門・清水東高校で冬の選手権を制したMFに声を掛ける学校は少なくなかったが、サッカー推薦は断って難関校を受験した。

「自分にそれほどサッカーの才能があるとは思っていなかったので、“このまま大学でサッカーをやってどうなるんだろう”って自問自答していました。当時はJリーグもありません。社会人でサッカーを続けても4、5年だろうし、その先も会社員を続けることを考えると、もう少しちゃんと勉強をする大学に進んだ方がいいと思ったんです。でもまあ、受からないですよね、勉強は一生懸命したんですけど。志望校に落ちたあと、2次試験を受ければ拾ってくれるという大学もあって、実際に合格したんですが、行きませんでした。人生の岐路でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る