反町康治さん<1>先輩に丸紅を勧められたが就職は全日空に

公開日: 更新日:

 今月22日、Jリーグが27年目の開幕を迎える。3連覇を目指す川崎フロンターレをどこが止めるのか、バルサ化を進めるヴィッセル神戸は台風の目となるのか。今季も興味は尽きないが、2度目の昇格を果たした松本山雅FCも注目だ。監督は、北京五輪日本代表監督も務めた反町康治さん(54)。1993年のJリーグ元年は、全日空の社員としてピッチに立ち続けていた。

 反町さんは自らを「あまのじゃく」と評する。誰かに用意された道は歩かない。自分で考えて選ぶのだ。

 大学受験もそうだった。名門・清水東高校で冬の選手権を制したMFに声を掛ける学校は少なくなかったが、サッカー推薦は断って難関校を受験した。

「自分にそれほどサッカーの才能があるとは思っていなかったので、“このまま大学でサッカーをやってどうなるんだろう”って自問自答していました。当時はJリーグもありません。社会人でサッカーを続けても4、5年だろうし、その先も会社員を続けることを考えると、もう少しちゃんと勉強をする大学に進んだ方がいいと思ったんです。でもまあ、受からないですよね、勉強は一生懸命したんですけど。志望校に落ちたあと、2次試験を受ければ拾ってくれるという大学もあって、実際に合格したんですが、行きませんでした。人生の岐路でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る