神原サリーさん<1>出産後に進研ゼミ“赤ペン先生”と出会う

公開日: 更新日:

「マツコの知らない世界」(TBS系)をはじめ、テレビや雑誌の家電特集に欠かせない存在といえば、この人。主婦目線での家電“診断”は、分かりやすく消費者ウケがいい。家電コンシェルジュになる前には、OL経験があって――。

「私ね、もともとCA志望だったんです。だから、大学は青山を選んだの。だけど、当時、いまの夫と知り合って大恋愛。うふふ。就職の時は、夫の意向もあってCAの道を諦めました。で、旅行会社を3~4社受けて、新橋にあった阪急交通社の東京本社で働くことに。ところが、研修が終わって間もなく、6月の終わりごろに退職したんです。結婚のためでした。恋に落ちたと言えばカッコいいけど、会社には本当に迷惑をかけました。3カ月足らずじゃ、キャリアに入らないわね」

 サリーさん、こう切り出すと、「コーヒーが入ったわ」と席を立った。事務所にはさまざまな家電が50台ほど並ぶ。コーヒーは、南千住の名店「カフェ バッハ」が監修した全自動コーヒーメーカーで入れた香り高い一杯だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る