神原サリーさん<1>出産後に進研ゼミ“赤ペン先生”と出会う

公開日:  更新日:

「マツコの知らない世界」(TBS系)をはじめ、テレビや雑誌の家電特集に欠かせない存在といえば、この人。主婦目線での家電“診断”は、分かりやすく消費者ウケがいい。家電コンシェルジュになる前には、OL経験があって――。

「私ね、もともとCA志望だったんです。だから、大学は青山を選んだの。だけど、当時、いまの夫と知り合って大恋愛。うふふ。就職の時は、夫の意向もあってCAの道を諦めました。で、旅行会社を3~4社受けて、新橋にあった阪急交通社の東京本社で働くことに。ところが、研修が終わって間もなく、6月の終わりごろに退職したんです。結婚のためでした。恋に落ちたと言えばカッコいいけど、会社には本当に迷惑をかけました。3カ月足らずじゃ、キャリアに入らないわね」

 サリーさん、こう切り出すと、「コーヒーが入ったわ」と席を立った。事務所にはさまざまな家電が50台ほど並ぶ。コーヒーは、南千住の名店「カフェ バッハ」が監修した全自動コーヒーメーカーで入れた香り高い一杯だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    “M─1舌禍騒動”当初は久保田&武智を支持する声も多かった

もっと見る