専用の石鹸もある 「美尻」体操で腰や膝の痛みも改善する

公開日: 更新日:

 近ごろ女性の間で「美尻ブーム」なんだとか。火付け役はハリウッドセレブ。歌手で女優のビヨンセのプリッと大きな尻に目がくぎ付けになった人もいるだろう。欧米では、女性は尻が大きいほど魅力的とされる。

 日本人女性は欧米人に比べると尻に対する意識はそれほど高くなかったが、最近は美尻専門のジムやパーソナルトレーナーが増えている。そういえば、創業70周年の老舗「ペリカン石鹸」が販売する「恋するおしり」という尻用石鹸が、「お尻がツルツルになる!」とSNSで話題になるのも、美尻ブームがあればこそ。それだけ美尻に憧れている女性が多いのだろう。なぜ、いま美尻なのか。

 ボディーメークトレーナーの岩成隆邦さんが言う。

「日本女性が美尻を意識し始めたのは2013年ごろ。美しい体を競い合うボディーコンテストが増えたのと同時に、インスタグラムなどのSNSでお尻を自撮りする女子たちが世界的に注目されたことがキッカケです。美尻になることで女性らしさが磨かれます。周囲から認められたい、モテたい、自信を持ちたいという気持ちが、ブームを後押ししているのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る