染谷昌利
著者のコラム一覧
染谷昌利副業アドバイザー

1975年生まれ。株式会社MASH代表。12年間の会社員生活を経て、独立。「ブログ飯」などの人気ブログやサロンを運営。サロンは月額6000円で約80人。近著に「副業力」(日本実業出版社)など。

「暮しの手帖」化するアフィリエイトはローリスクで稼げる

公開日: 更新日:

 記憶に新しい仮想通貨バブル。「億り人」と祭り上げられた人もいれば、急激なブームの終焉により大きな負債を抱えた人も。その仮想通貨バブルのひとつの要因となったのが、ブログなどで仮想通貨取引口座を紹介するアフィリエイト(成功報酬型広告)だ。仮想通貨業者の口座が開設されることによって報酬が発生し、1開設で2万円以上を得た情報発信者も少なくない。

 人気芸能人がブログで商品やサービスを紹介している場合にも、このようなアフィリエイトが利用されていることがある。アフィリエイトの利用者は多種多様だ。芸能人でなくても本業として月100万円以上稼いでいる人、会社員の副業として3万円のお小遣いを得ている人、家事育児のかたわら扶養の範囲内で報酬を得ている主婦もいれば、病気で働けないものの自宅でブログを運営して収入を得ている人もいる。価格.comのような商品比較サイトやクレジットカードのポイント交換サービスでも、このアフィリエイトが利用されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    東京五輪に注ぎ込んだカネは3兆円超…閉会後に始まる「不明瞭な会計」への大追及

もっと見る