染谷昌利
著者のコラム一覧
染谷昌利副業アドバイザー

1975年生まれ。株式会社MASH代表。12年間の会社員生活を経て、独立。「ブログ飯」などの人気ブログやサロンを運営。サロンは月額6000円で約80人。近著に「副業力」(日本実業出版社)など。

時給制ではない働き方を「Amazon物販」で月20万円以上稼ぐ

公開日: 更新日:

 本業で月収を1万円上げることと、副業で月収1万円を稼ぐことでは、どちらが簡単だろうか。

 もはや会社での昇給が見込めないのであれば、自分の力で副収入を得ることにチャレンジしてみてはどうか。副収入といっても、コンビニやファミレスのアルバイトといった時給制の副業ではない。お勧めしたいのはアフィリエイトだ。

 自分の知識や経験をブログなどで発信し、読者に紹介する商品を購入してもらったり、サービスに申し込んでもらったりした際に発生する成果に応じた報酬を得る副業だ。実際に上場企業に勤務しながら、ブログで記事を書き、Amazonの物販のアフィリエイトで月に20万円以上の報酬を得ている会社員もいる。本業の給与を超える報酬を得て独立した人間も少なくない。巨額脱税でニュースになった「青汁王子」も10代からアフィリエイトで稼いでいた。ひとりでやっていたアフィリエイトを組織化して大儲けした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  8. 8

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  9. 9

    東京五輪に注ぎ込んだカネは3兆円超…閉会後に始まる「不明瞭な会計」への大追及

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る