新入社員でストライプのスーツやボタンダウンシャツはOK?

公開日: 更新日:

 近年、企業における服装規定がカジュアルな傾向になっています。とはいえマナーは、相手が見てどう思うか、という相手目線で考えることが大事。まず、自社の服装規定を確認することが大切ですが、ここでは幅広い年代の方々に好感を持っていただける新入社員のスーツの選び方を取り上げてみます。

 企業やお客さまが新入社員に求めるイメージは「フレッシュさ」や「真面目そうで安心できる」ではないでしょうか。そこから考えると、新入社員は、上司やお客さまより高価なものを身に着けないように気を付けることがひとつのポイント。スーツだけでなく、バッグ、時計、靴なども同じ。「外見ばかり気にするタイプ」という印象を持たれないように気を付けてくださいね。

 具体的に言うと、最も好ましいのは黒か紺色のスーツ。黒は喪服のように漆黒ではないもの、紺は濃紺をチョイスしましょう。スーツの生地は無地が無難。「ストライプはどうですか?」との質問をよく受けますが、新入社員の時は避けた方がいいと思います。どうしてもという場合は、線が極細で、生地の色と同色のものに。悪目立ちしないことを心掛けましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る