新入社員でストライプのスーツやボタンダウンシャツはOK?

公開日: 更新日:

 近年、企業における服装規定がカジュアルな傾向になっています。とはいえマナーは、相手が見てどう思うか、という相手目線で考えることが大事。まず、自社の服装規定を確認することが大切ですが、ここでは幅広い年代の方々に好感を持っていただける新入社員のスーツの選び方を取り上げてみます。

 企業やお客さまが新入社員に求めるイメージは「フレッシュさ」や「真面目そうで安心できる」ではないでしょうか。そこから考えると、新入社員は、上司やお客さまより高価なものを身に着けないように気を付けることがひとつのポイント。スーツだけでなく、バッグ、時計、靴なども同じ。「外見ばかり気にするタイプ」という印象を持たれないように気を付けてくださいね。

 具体的に言うと、最も好ましいのは黒か紺色のスーツ。黒は喪服のように漆黒ではないもの、紺は濃紺をチョイスしましょう。スーツの生地は無地が無難。「ストライプはどうですか?」との質問をよく受けますが、新入社員の時は避けた方がいいと思います。どうしてもという場合は、線が極細で、生地の色と同色のものに。悪目立ちしないことを心掛けましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る