独身者同士の社内恋愛…上司や同僚には隠すのがマナー?

公開日: 更新日:

「交際する=結婚を前提」という暗黙の了解が昔は確かにありました。そのせいか、社内恋愛中のカップルは「結婚します」と発表するその日まで、たとえ独身同士であっても交際を隠し通す人が多かったものです。

 でも、今や平成も終わろうとしている時代。恋愛や結婚に対する考え方が大きく変わってきています。結婚が人生のゴールではないし、「交際=結婚」とも限らない。社内恋愛は隠し通しましょう、という時代ではなくなったように思います。勤務する会社が、社内恋愛をよしとするか否か。大事なのはそこを見極めること。社内恋愛を禁止とする会社もあります。一方で、社内恋愛が特に禁止されていないなら、交際をひた隠しにする必要はないのではないでしょうか。

 ただ、社内恋愛では仕事関係の話は要注意。登場人物がどんな人かお互いよく分かっているので、愚痴や不満もヒートアップして相手に話してしまいがち。たとえ社内の人間といえども、部署の機密事項を相手に話してしまわないようにしてくださいね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る